【マトリックス通信】 税理士は選ばれる時代

 

グーグルで「税理士 不満」と検索すると
  100万件がヒットします。
  そして表示されるのは
  なぜか「税理士事務所」のホームページばかりです。

  ☆今の税理士に不満はありませんか?


  私のところではこんなサービスを提供しますよ
  と宣伝に必死です。
  そして不満の理由を並べたてます。


おそらく他のホームページを参考にしたのでしょう。
  同じような文句が並んでいます。
  分類すると次のようになります。
  繰り返しますが、これは税理士自身のホームページに掲載された
  「税理士への不満」です。

  ◎業務、サービスに関する不満
   ・訪問頻度が少ない
   こちら側の意図を的確に把握してくれない
   依頼した仕事の進行、問合せへの対応が遅い
   ミスが多い
   専門用語を並べての説明が多く、話が難しくて理解できない
   こちらから質問しないと新しい情報の提供がない
   自計化に積極的でない
   ITが苦手なので会社のIT推進に積極的な提案がない
   無理に会計ソフトを換えさせようとする
   企業側が会計ソフトで処理しているにも関わらず
   ・税理士事務所で同じデータを再度入力している
   経理処理の基本的な指導がまったくない
   ・事務所の都合で仕事をする
   新しい税制への認識が浅い
   月次決算の報告が2〜3ヵ月後と遅い
   ・決算対策と節税の有効な助言がない
   定期的な訪問指導がない
   休みが多くて体質が役所と似ている

  ◎税理士、職員に関する不満
   ・職員に対応を任せきりにしている
   相談にのってくれない
   税理士の資格がないものが担当である
   職員の能力が低い
   所長税理士が会社に全く顔を出さない
   税理士が高圧的で相談しにくい
   態度が偉そうで気軽に質問ができない
   税務調査の際に税務署寄りの意見に同調する傾向があり、
    こちらの意見を代弁してくれない
   不景気で困っているのに先生の車は高級車である
   誠意がない

  ◎価格に関する不満
   顧問料の見積りやサービス内容と報酬の関係が不明瞭
   年間に支払う報酬額が仕事の割に高い
   どんな些細な仕事を頼んでも請求書が送られてくる
   ・不景気にも関わらず以前に決めた高いままの報酬が続いている
   形だけの決算分析なのに高額な請求がくる

  ◎その他経営アドバイスなどの不満

   我社の業務内容に関心がなく的確な指導をしてくれない
   決算書の数字だけで経営指導を行おうとする
   決算分析の中身が何かの本の丸写し
   結局は「売上を増やせ、人件費削減」ではアドバイスにならない
   経営分析さえすれば利益が出ると思っている
   税理士本人が経営を知らない
   とんちんかんで的外れな答えを平気でする
 

 

 

 
ここ数年間、各地の企業に伺ってまずびっくりするのが、
  「税理士の意識の低さ」です。
  先日、ある企業に行ったときの話。
  現在行なっている経理業務について
  今まで何の指導もなかったので、
  とても心配になった経理担当者が
  あるとき、たまたま来た税理士に質問しました。

  ☆先生、このまま経理業務を行なっていてもいいのでしょうか。

  税理士は次のように言ったそうです。

  ★私の目の黒いうちは
   税務署が来ても何も言わせないから安心してかまわん!

  私はこの話を聞いて驚くどころか、怒りがこみ上げてきました。
  なぜなら毎月の顧問料は自動振替、
  あと2ヶ月で決算を迎えるというのに
  【当期の試算表】はまったくできていなかったのです。


会計情報を経営に活用するためには
  それなりの経理システムが必要です。
  しかし私がこれまで遭遇してきた「意識の低い税理士」に
  共通して言えることは「誠意がない」ということです。
  当たり前のことを「やらない」のです。
  もしかしたら「できない」のかも知れません。

  ◎不景気で困っているのに先生の車は高級車である

  不景気でも安定した業種の最先端を行く税理士事務所ですから
  当然なのかもしれません。

  ◎不景気にも関わらず
   以前に決めた高いままの報酬が続いている


  早速、価格交渉、、、
  自ら「下げましょうか」とは言わないでしょうから。

  税理士がただの記帳代行屋(帳面屋)だったら、
  報酬はそれなりに下げてもらうべきです。


今は「税理士を選ぶ時代」です。
  税理士は経営者から選ばれるのです。
  しかし税理士を替えられない最大の原因は経営者側にあります。
  とくに2代目以降の比較的若い経営者は
  ◎親の代からの付き合いだから、、、

  そしてもう一つの原因は、
  「他の税理士の情報がなかなか分からない」ということです。
  まさに「サービス内容と報酬の関係」が不明瞭なのです。

  一般的には、
  毎月の月額報酬とは別途に決算申告料金がかかります。
  果たして年間いくら払っているのでしょう?
  そしてその中身について
  経営者側は本当に納得しているのでしょうか。


私はこのような「誠意のない税理士」の話を聞くたびに
  最後は、
  ☆税理士を替えるしか方法はありません。
  と言っています。
  企業がMQ会計を導入しようとする場合、
  過去と現状の分析確認がとても重要になります。
  そして多くの経営情報は会計データに含まれています。
  そのもっとも必要な会計情報を得るために
  障害となっているのが「税理士」だったらどうしますか?

  重要なのは
  ◎経営者であるあなたは税理士に何を望むか?
  です。
  税務署が来たときに困るから・・・ですか?
  それとも、こちらの希望をきちんと伝えないまま
  お金だけを払い続けますか。
 
 

 

 


    【この記事を読んでいる人はこちらも読んでいます】
    社長のための会計学 マトリックス通信

     ⇒ Vol.337 【ある建設業の社長の悩み・税理士からのアドバイスは…】
     ⇒ Vol.333 【建設業の決算書を考える】
     ⇒ Vol.331 【決算書が読めるって、どういう状態のことですか?】
     ⇒ Vol.304 【赤字の会社、業績が伸びない会社/この先どうする?!】
     ⇒ Vol.300 【遅れている事務のカイゼンの実態】

     ⇒ Vol.143 【部門別損益計算のなぞ】 
     ⇒ まずは現状分析 - あなたの会社の収益構造はどうなっていますか? -   
     ⇒ マトリックス通信 【MQ会計とDC(直接原価)】

     ⇒ マトリックス通信 【こんな税理士はいらない】
     ⇒ マトリックス通信 【会計事務所での出来事】
     ⇒ マトリックス通信 【税理士は企業の味方】
     ⇒ マトリックス通信 【会計事務所の業務品質】
     ⇒ マトリックス通信 【ある税理士のブログから】
     ⇒ マトリックス通信 【あなたの税理士は何をしてくれますか?】
     ⇒ マトリックス通信 【ある税理士の本音】

     ⇒ 最新バックナンバーはこちらから(別画面で開きます)
 

 

 

 


    【無料メルマガ】
    社長のための会計学 マトリックス通信

   ▼この先どうする!
     売上を増やすと、、、本当に利益が増えるのですか?
     経費を減らすと、、、本当に利益が増えるのですか?
     製造原価を下げると、、、本当に利益が増えるのですか?

   ▼経営指導した15,000社が黒字体質に変わった!
     『利益が見える戦略MQ会計(かんき出版)』の著者が書き下ろす
     社長のための会計学です。

     メルマガをご希望の方は  こちらからご登録いただけます
   

 

 

 
このページのトップへ